かずオヤジのひとり言…

人生一度きり!チャレンジしたいことが山ほどある!

『被災地の現実。なこその希望ウォーク2013』

SONY DSCSONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 3月10日(日)に福島県いわき市勿来の被災地に行ってきました。以前にボランティアでお手伝いに行った場所です。あれから2年が経ち、勿来市の被災地より『なこその希望ウォーク2013』の参加通知書が届いたので、仕事仲間のオヤジ6名で参加してきました。夜中の3時に出発して、車を走らせ約3時間半で福島県いわき市勿来役場に到着しました。受付を済ませ9時よりウォークのスタートです。

 コースは5.4kmと16kmの2コースがあり、私たちは16kmコースに挑戦しました。天気は良かったのですが海沿いということもあり、風が少し強く感じました。以前にボランティアで回った場所を歩いたのですが、目についたのはきれいに復興されている場所と2年前と全く変わっていない復興が進んでいない場所の現実。その光景を目の当たりにし、まだまだこれからだと実感しました。

SONY DSCSONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

コース途中に3箇所のスタンプチェックポイントがあり、地元のあばさんやおじさんが豚汁や甘酒、焼きネギをふるまってくれました。寒かったので身体が温まり、美味しく頂きました。休憩を済ませ、引き続き歩き始めました。登山で16kmは経験がありますが、ウォーキングで16kmというのは初めての経験で結構歩きがいがありますね!海沿いを歩き、小高い山を越えて見えた風景に胸が締め付けられました。目の前に家があってもそこで普通の生活が未だにできないこと…。いつになったら皆さんの普通の生活が戻ってくるのか…、本当に胸が痛くなります。私なりにできることをこれからも続けていきたい、続けていこうと決心しました。

 どうにかオヤジグループは16kmを完走し、無事にスタート場所の役場に到着。地元のお母さんが作ってくれた豚汁と地元の高校生が作ってくれたカレーライスをみんなで美味しく頂きました。本当に関係者様や地元の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。ちなみに16kmコースを4時間20分で歩きました。

 これからも一日も早い復興の為に頑張っていきましょう!次回もお楽しみに!

SONY DSC★かずオヤジのご紹介★

リファイン川崎大師代表の石川和男。仕事も遊びも一生懸命こなす寅年の51歳。

趣味はたくさんあり、広く浅く色々なことにチャレンジして、人生を楽しんでいる!

人生一度きり!チャレンジしたいことが山ほどある!

『四つの湖を回って、ぶらりドライブ紅葉三昧!』

IMG_0453IMG_0396

 

 

 

 

 

 

 

 11月18日(日)にカメラを持って、紅葉撮影に行ってきました。今回は朝5時に出発です。丹沢湖に向けて車を走らせ1時間半ほどで着きましたが、あまり丹沢湖周辺には紅葉が見られませんでした。次に向かったのは河口湖です。丹沢湖から2時間ほど車を走らせ、河口湖に到着。河口湖周辺をぐるりと回り、撮影スポットを散策し自分なりにいい写真が撮れました。

 そして次に向かうのは山中湖です。河口湖から50分ほど車を走らせ山中湖に到着。山中湖周辺の撮影スポットを探し、これまた自分なりに納得のいく写真が撮れました。そらから芦ノ湖へ。芦ノ湖へ向かう途中、御殿場市をぬけ湖尻峠の峠山頂から見える芦ノ湖にカメラを向け、パシャ!前日が雨だったので、この日は最高の天気に恵まれて良かったです。

 ひとりドライブでしたが、私なりにストレス解消になりました。今回も本当に自然の景色や人との触れ合いがありがたいと感じました。これからも色々なところへ行きたいと思うので、お楽しみに!

SONY DSC★かずオヤジのご紹介★

リファイン川崎大師代表の石川和男。仕事も遊びも一生懸命こなす寅年の51歳。

趣味はたくさんあり、広く浅く色々なことにチャレンジして、人生を楽しんでいる!

人生一度きり!チャレンジしたいことが山ほどある!

今できることを!いわき市勿来地区ボランティア活動編』

東日本大震災で被災された皆様へ謹んで地震災害のお見舞いを申し上げますとともに被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

SONY DSCSONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 4月29日(金)~5月2日(月)の4日間で福島県いわき市にボランティア活動に行ってきました。災害に遭われた皆様のお役に少しでも立ちたい、被災地の一日も早い復興を実現させたいという想いで、活動に参加させて頂きました。テレビの映像で見るのとは違い、被災地の被害状況を目の当たりにすると、本当に大変なことが起きたと胸が締め付けられるような苦しさを感じました。

SONY DSCSONY DSC

                                        

 

 

 

 

 

 

 私は初めてボランティア活動をさせていただきましたが、復興の為に本当に毎日毎日、全国各地から人々が集まってくることに驚きと日本人としての誇りを感じました。年齢や性別、身分を問わず、一つの事をみんなで力を合わせてやり遂げることの素晴らしさを実感しました。しかも毎日違う人々と作業するのに何の問題も起こることなく、こんなにもスムーズに進むとは思ってもいませんでした。一つの目標にみんなで力を合わせて向かっていく『無限大の力』を感じました。この4日間で本当に貴重な体験をさせていただきました。

 活動内容は、道路の側溝の残土の掃除、畑の中に残された物の撤去などを班に分かれて活動しました。復興するまでには、まだまだ長い年月が掛かると思いますが、できる限り活動を続けていくことが私たちに今できることだと私は思います。地元の人とお話しをすると、「毎日起こる余震と原発問題が怖くて怖くてたまらない。」と話してくれました。私がいた4日間の滞在中もほぼ毎日余震はありました。作業をしていた場所は目の前が海でしたので、私も少し恐怖を感じました。

 私は49歳になりますがこんな貴重な体験ができたことに感謝していります。また快く送り出してくれた家族にも感謝しております。今後もボランティア活動を続けていきたいと思います。

今、みんながひとつになる時です!かんばろうニッポン!今、自分にできることを精一杯やろう!

SONY DSC★かずオヤジのご紹介★

リファイン川崎大師代表の石川和男。仕事も遊びも一生懸命こなす寅年の51歳。

趣味はたくさんあり、広く浅く色々なことにチャレンジして、人生を楽しんでいる!

ページトップへ戻る